専門書で学ぶてんかんと家庭の医学書

てんかん専門書もあるようです。

こういった書籍は、ないよりもあった方がいいと個人的には思っています。

今は色々な病気や症状が載っている家庭の医学もありますので、
そういった病気全般の書籍と合わせて、専門書も備えておきたいものです。



かといって、専門書を沢山持っている必要性もないのではないでしょうか?

例えば、てんかん専門書を読んだからといって、
てんかん発作で倒れ、足を強く打って腫上がった時。

あくまで例ですが、こういった時にはてんかん専門書を読んでも、
足の打撲の対応については書かれていません。



こういった時には家庭の医学が役に立ちます。

私も2年に一回は購入してますが、とっさの病気には非常に役に立っています。

書籍が無くても、今はインターネットもありますし、
病院もあるので色々な情報には事欠きません。



しかし、突然の怪我や病気ともなれば、調べる時間が限られてきます。

目次のある書籍の方が、実は便利であったりする物です。

病気に関する書籍を探すのであれば、てんかんなどの専門書と、
様々な病気に対する処置法が書いている家庭の医学をお勧めします。

スポンサード リンク

てんかんについての情報を発信します。てんかんの症状、治療を始め、抗てんかん薬や漢方薬など。
またてんかんに関する自動車免許、自動車保険、生命保険についても説明しています。