てんかん薬治療と様々な対応策


てんかんに効く薬とは

てんかんに効く薬については知っておきたい情報です。

 

抗てんかん薬は数種類ありますが、通常の抗てんかん薬は医師に処方してもらう事になります。

 

抗てんかん薬は発作を抑制する為に投薬されますが、抗てんかん薬の注意点は副作用にあります。
この副作用の代表として、眠気やふらつきです。
脳の正常機能にも抑制をかけてしまうので、眠気やふらつきといった症状が出てしまうのです。
抗てんかん薬で発作を抑えても、副作用の心配があるわけです。

 

このことが関係しているのか、現在ではてんかんに漢方薬を飲用する機会が多くなってきた様子です。

 

てんかんの専門医でも、てんかんに漢方薬を処方するところもありますし、漢方薬専門店や町の薬局にも薬剤師に相談すれば、簡単にてんかんに効く漢方薬が手に入ります。

 

漢方薬にももちろん副作用があるのですが、患者の体質などに注意すれば副作用は少なくなるでしょう。

 

ここで、ひとつ注意すべき事は、てんかんに対する漢方薬は、体質改善をメインとしていると言うことです。
漢方薬を飲んだからといって必ずしも発作が起きないとか、完治するといった事ではないのです。

 

これは医師の処方する抗てんかん薬についても同様です。
医師や薬剤師に相談しながら薬を飲むことが大切です。

 

効果的な薬の飲み方としては、西洋医学の抗てんかん薬で発作を抑制しながら、発作を誘発する体質改善の為に、東洋医学の漢方薬を処方するといった事でしょう。

 

薬には飲み合わせや副作用がありますので、医師や薬剤師には必ず相談してから処方するようにしましょう。

Sponsored Link