てんかん薬治療と様々な対応策


てんかん患者はドッグタグやブレスレットを

ドッグタグをご存知でしょうか?

 

ドッグタグやIDプレート、迷子札などと呼ばれていますが、簡単に説明すると、あなたの情報を示したものをブレスレットやペンダント等として身に着けておくことです。

 

ここ数年ではドッグタグやIDプレートといった商品は、ファッションアクセサリーとして流行し、普段からブレスレットやペンダントとして身に着けている方も見かけるようになりました。

 

医療用としても、メディカルIDや医療識別票などと呼ばれており、知っている方も多いのではないでしょうか?

 

てんかん患者の、てんかん発作についての知識を持っている方は多くありません。

 

あなたがてんかん患者で、もしひとりで行動するのならば、突然の発作に備えてドッグタグを携帯しておくことをお勧めします。

 

ドッグタグのプレートの裏側に刻印として、氏名、血液型、連絡先はもちろんの事、既往症の対応方法などを記載しておくのです。
そうすれば、あなたが突然発作を起こしたとしても、周りの方に対応してもらうことが期待出来ます。

 

発作を起こしてしまっては自分ではどうする事も出来ないので、ドッグタグやブレスレットの携帯等をお勧めします。

 

ドッグタグやブレスレットは、ファッションの一部としても機能しますので、そんなに抵抗はないと思います。

 

他にも、刻印しないタイプのリストバンド型や、QRコードの読み取り型などもありますので探してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link