てんかん薬治療と様々な対応策


てんかん患者の運転免許は?

てんかんの患者でも、運転免許を取得することは条件付で可能となっています。

 

大きな条件としては、「再発の恐れがない事」です。
しかし、再発の恐れが無い=完治となってしまいます。

 

それでは「てんかんが完治しないと、運転免許が取得出来ないのか?」というとそうではありません。

 

てんかん患者の運転免許の取得条件として、
・過去2年間に発作が起きていないこと
・発作が睡眠中に限っていること
・発作が少なく、過去1年間に意識障害を起こしていないこと
などが上げられます。

 

この条件もてんかんの種類によって変わってきますが、てんかん患者が運転免許の取得に大切な事は、医師の診断書を取得する事です。
医師のお墨付きがあれば、運転免許の取得は可能と言えるでしょう。

 

もし仮に診断書を出したてんかん患者が事故を起こしてしまうと、医師としても問題があるので、きちんと治療をしている患者でないと診断書は発行しないでしょう。

 

例えば、
・決められた検診に行かない
・処方された薬を飲んでいない
・治療に前向きではない
・生活環境が悪いのに改善しようとしない
などといったてんかん患者に対して、「問題ない」と言い切る医師はいません。

 

もし、てんかん患者のあなたが運転免許を取ろうとするならば、まじめにちゃんと治療を行う事が大切なのです。

Sponsored Link