てんかん薬治療と様々な対応策

てんかんとは?まずはてんかんを知る

てんかんはいつ、誰がかかってもおかしくない病気です。
あなたも、あなたにいる方も、明日あさってに突然てんかんになってしまう事も考えられるのです。

 

それだけ、てんかんとはありふれた病気ですので、てんかんと診断されたからといって慌てる必要はありません。

 

日本では人口の約1%弱の方がてんかんであると言われています。
100万人以上の患者がいると言われており、現に私の周りにも数名のてんかん患者がいます。
また、私の周りのてんかん患者はきちんと完治された方もいるので治療をきちんと行えば、それほど深刻な病気ではないと言えるでしょう。

 

この病気は特徴があり、普段どおりの生活は送ることが出来るのですが、時々突発性の発作を起こすといった症状です。
突発性の発作ですので予期することも難しく、発作による弊害があることは間違いありません。

 

てんかんで気をつけることは、発作のタイミングと言えるのではないでしょうか?

 

てんかんの発作が起きると言うことは、当然発作を起こした本人は発作後の対応が出来なくなります。
その状態でおきてしまう二次被害を避ける事が大切のように思います。

 

てんかんの発作と言えば、突然倒れこみ、顔色が悪くなって口から泡をふいて・・・と思われる方が殆どではないでしょうか?
しかし、そのような症状は一部の患者のみで起こる発作なのです。

 

大人のてんかん症状に多いのが、意識がぼんやりする、夢を見ている感じ、手が無意識に、目的も無く動作するといった症状も見られるのです。
てんかんを診断されても、きちんと治療を行えば治る病気です。

 

あなたもてんかんを知って、うまくてんかんと付き合っていきましょう。

てんかんの原因は何?てんかんを探る

てんかんの原因は何でしょうか?

 

どうして突然、てんかんと診断されたのか不思議な方も多いのではないでしょうか?

 

てんかんの発作がおきてしまうメカニズムを簡単に説明すると、脳の一部にごく微小の傷があるのです。
その脳の傷の部分の脳細胞が、その周りの脳細胞とは異なった電気を放出しているからなのです。

 

でも、「どうして脳に傷が入ってしまったの?」と思ってしまいますよね?

 

一般的にも様々な意見があるのですが、例えば出生時に低体重だった、頭を強打したことがある、脳に感染症などの病気を患ったなど、人によっても原因は様々なのです。

 

ある種のてんかん患者の統計のようなものであり、脳に傷がある原因までは分からないのです。

 

脳波を検査すれば脳の現時点の状態は把握出来ますが、てんかんの原因となる傷が「いつごろ、何故出来たのか?」までは特定出来ません。

 

したがって、てんかんの原因を探るには、今までの既往症暦や事故暦などの経験から推測していくしかないのです。

Sponsored Link